> > > 消費者金融の借入上限額は年収の3分の1!それ以上希望なら?

消費者金融の借入上限額は年収の3分の1!それ以上希望なら?

消費者金融からお金を借りようと思ったら、年収の3分の1が上限になり、それ以上を借りる事はできないと思いますが、もしそれ以上の金額が必要になった場合などはどうすれば良いのでしょうか?何度か追加で融資をしてもらうなどで借入上限額を使い切ってしまっている可能性もあると思いますが、どうしても必要な出費が出来てしまった時は、消費者金融で借入上限額を考えてくれるのでしょうか?融通はきくのでしょうか?

基本的には難しい!利用可能枠は余裕を持たせて!!

年収300万円の人が消費者金融にお金を借りようと思ったら、どんなに足掻いても最大で100万円までしか借りる事はできませんよね。総量規制によってです。また、実際には100万円MAXまで借りる事ができる人は少ないでしょう。基本的に利用可能枠をどんどん上げてもらう事ができたとしても、借入上限額は100万円が限度になってしまいますよね。

銀行や目的別ローンなどであれば総量規制に関係なく100万円以上の融資をしてもらう事は可能です。しかし、総量規制とは関係ないと言っても実際に返済能力を考えた時に100万円以上の融資をするのは厳しいと思いますし、消費者金融でも借りているとなれば尚さら難しい話になってくるでしょう。(参考ページはこちら→融資審査に通らない限り大金も借りられない

結婚式を挙げたい、海外旅行に行くことになった、入院する事になったなどなど、急にまとまったお金が必要になる事もあると思います。場合によってはご利用可能枠では足りない事もあるかもしれませんし、増枠してもらったとしても、既にある借り入れ残高のせいで、MAXまで枠を上げてもらっても足りないなんて事もあるかもしれません。

残念ですが、総量規制を超える融資は基本的に不可能です。また、借り入れ残高が多く残っているほど、毎月の返済を少しずつしている程、総量規制内であっても、増枠をしてもらえる可能性は少なくなってしまう事もあります。何かあった時の為に、ご利用可能枠にも余裕を持たせておく方が良いのです。余裕を持たせている人、多く返済している人の方が増額はしてもらいやすくなります。

ただし、絶対に不可能という訳ではありません。それこそ総量規制とは関係のない銀行などに借りれればそれでOKでしょうが、これも厳しい可能性もあるし、借り入れ先を増やす事になるので、できるだけ避けておきたいですよね。今、実際に使っている消費者金融などのカードの枠を一時的に増枠してもらえないかどうかを頼んでみましょう。
(⇒自分の状況に即した借り入れ方法を探す

これも総量規制以上となると余程の理由がない限りは厳しい話に話になってしまうかもしれませんが、増枠はお断りという場合でも、一時的な増枠であればOKという事もあります。クレジットカード会社なんかは結構やってくれるサービスなのですが、例えば10万円しか利用可能枠がない人が、海外旅行に行きたいので、今だけ20万円の枠にしてください!という方法です。

海外旅行から帰ってくれば枠は10万円に戻りますし、元の枠の10万円を超えた分の返済が終わり、元の枠を1万円分以上空ける返済をしない限り、次の融資は不可能にはなってしまいますが、どうしても今だけという目的を果たす事はできます。どこの貸金会社でもこのサービスをしてくれるかどうかは分かりませんが、どうしてお金が必要なのか、どれくらい枠が足りないのかを説明すれば相談に乗ってもらえる場合もありますので、諦めないで相談してみても良いでしょう。その分、返済額が上がってしまう事もあるので、増枠する時はしっかり計算もしてからにしましょう。

消費者金融のキャッシングには借入上限額が決められている

比較的審査が緩く借りやすい環境にあるのが消費者金融のキャッシングですが、利用するに当たり注意する点は把握しておく必要があります。借りやすい理由が何であるかが分かれば、キャッシングの特徴が分かりますのが、目的に合わせて選ぶことが大切だと言えます。簡単に借りられる理由はたくさんありますが、キャッシングのメリットとデメリットを比較して利用するか決めることが大切です。

キャッシングのメリットといえば審査が緩く簡単に利用できる点にありますが、最近ではインターネットからでも申し込みができるためさらに利便性が向上しています。また以前であれば金利が高いことで返済に苦しむことが多かったのですが、現在では確実に法定金利を守った融資となっているため以前のような高金利での融資は行われていないのです。

借りやすい環境が整っているキャッシングですが、最大の魅力は素早い融資にあると言えます。WEBサイトからの申し込みでは1時間程度の時間があれば審査が完了しますので、早ければその日のうちに融資が行われます。融資に関しても指定口座に振り込みによって行われるため、スピーディーな融資の他に銀行口座から引き出せるメリットがあるのです。以前のように消費者金融を利用していることがあからさまに知られることもなくなりましたので、さらに利便性は向上しているのです。

法定金利での融資に関しては貸金業法の改正が関わってきますが、安心して利用するには以前の仕組みと現在の仕組みの違いを知っておくことが大切です。法定金利は利息制限法で定められている金利が該当しますが、利息制限法は貸金業法の改正によってできたものではなく、以前から定められていた法律となります。同じように金利に関する法律では出資法がありますが、出資法の金利を超えない範囲で融資を行っていたため以前は高金利となっていたのです。

法定金利の利息制限法と出資法に関しては、運用方法の違いがあったために高金利の融資が行われていましたが、一般的にはグレーゾーン金利と呼ばれています。いわゆるグレーな部分の多い金利ですが、利息制限法の金利を超えても出資法の金利を超えなければ罰則がなかったため、20%台後半の高金利で融資が行われていたのです。このような金利はキャッシングのほとんどが採用していましたが、クレジットカードなどを扱う信販会社では法定金利での融資が一般的だったのです。

現在は利息制限法の金利が上限金利となったため、グレーゾーン金利は事実上撤廃された形となりますが、貸金業法の改正以前から利用していた人の場合には、利息の払いすぎが発生しているのです。現在でもその流れで利用している人の場合には、いわゆる過払い金請求によって払い過ぎた分の利息を返還してもらえる制度があるのです。

利息制限法の金利は、10万円までの融資で20%、100万円まででは18%、100万円を超える融資では15%の金利が設定されていますので、現在のキャッシングではほとんどが18%の金利で融資を行っているのです。貸金業法の改正によって利用者にとっては低金利となるメリットがありますが、同時にデメリットとなる新たな制度も施行されています。総量規制と呼ばれる制度ですが、金利が引き下げられた代わりに利用額に制限が設けられているのです。

総量規制は利用者の年収によって借入上限額を制限する制度ですが、多重債務者を救済することが主な目的となっています。多重債務者とは複数の金融業者から借り入れを行うことで、返済ができず家計が破綻した状態にある人のことを言います。借入上限額を設定することで多重債務者を救済する目的がありますが、すでに多重債務者となっている人にとっては事実上融資が行われないことで厳しい現状があります。新たに利用する人には、借入額に制限が設けられることで多重債務者にはなりにくいメリットがあります。

貸金業法による借入上限額は年収の3分の1までとされていますので、分相応の借金しかできない仕組みとなっているのです。年収の3分の1ですから、100万円の融資には300万円以上の年収が必要となりますが、300万円以上の収入があれば銀行融資を利用した方が安心感が高いと言えます。

総量規制は利用者本人に対する制限となりますので、金融業者に関わらず上限額は同じになります。複数の業者からキャッシングを行っても、一人当たりの利用できる上限は同じですから、業者数が多くなるほどデメリットが出てきます。総量規制の上限が100万円であれば1社だけの利用であれば100万円まで融資が可能ですが、2社になれば1社あたりの借入額は50万円となります。複数のキャッシングを利用すれば利用するだけ借入額は少なくなってしまいます。

借入額が少なくなっても、1社当たりの最低返済額が決められているため、利用している業者数が多いほど毎月の返済額が高くなってしまうのです。返済に困るケースが出てくるため、返済のために借り入れを行う悪循環に陥り多重債務者となってしまうのです。現在では総量規制が施行されたことで多重債務者にはなりにくい環境がありますが、金利が引き下げられたとはいってもキャッシングは18%の金利ですから計画的に利用しなければ返済が苦しくなってしまうのです。

キャッシングを利用する際には金利の高さを比較することが大切ですが、現在の消費者金融ではほとんどが18%で横並びですから、金利で比較することはできないと言えます。キャッシングを利用する際には金融業者が設定する金利を確認するはずですが、通常では5%から18%といった表示がされています。下限金利と上限金利と言われますが、利息制限法の規定から100万円未満の融資には18%の金利となるため、一般的には上限金利で比較することが基本と言えます。

総量規制は年収による借入額の制限ですから、年収が上がれば借入額を上げることが可能です。金融業者によって対応は違いますが、年収を証明する書類と同時に申し込みを行う必要があります。もちろん必ず上限額が上がるわけではありませんので、キャッシングに頼りきらない生活を心がけることが大切です。

総量規制によって借入額に制限が課せられましたが、年収に関しては正社員としての年収だけではなく、アルバイトやパート、派遣社員でも一定の収入があれば借り入れは可能です。もちろん収入が低ければそれだけ融資額も低くなりますが、使い方によっては限度額が低くてもメリットはあるといえます。

以前であれば無職でもキャッシング審査に通っていましたが、総量規制の施行により収入がない人は借入ができなくなっています。専業主婦はもちろんですが、無職の場合でも融資審査に通ることはないのです。一件厳しい制度のように感じますが、収入のない人に返済能力はないわけですから、自然な流れで作られた制度だと言えます。

貸金業法の改正前ではキャッシングの利用に抵抗感を持つ人が多かったと言えますが、総量規制の借入上限額の設定により安全に利用できるようになっています。借入額の上限があることで、返済能力を超えた利用はできませんし、金融業者にとっても回収がしやすいメリットがあると言えます。

このように消費者金融も貸金業法の改正によって比較的安全に利用することが可能となっていますが、総量規制があることで借り過ぎは起こりませんので安心感が高まったと言えます。依然として金利の高いキャッシングですが、現在では無利息で融資を行うサービスが登場しています。新規の借り入れに限り一定の期間は利息がかからないサービスとなりますが、金利差が殆ど無い現状では、無利息サービスの充実度で選ぶことが大切なのです。また女性にとっては消費者金融というだけで不安に合ってしまうケースもありますが、女性だけが利用できるレディースローンも登場しているため、借入上限額の中で安全に利用できるのです。

カテゴリー
ページトップへ