> > > 消費者金融に、みずほ銀行系カードローンはないようですがなぜ?

消費者金融に、みずほ銀行系カードローンはないようですがなぜ?

みずほ銀行系カードローンを出している消費者金融業者を探していたのですが、どうも見当たらないようです。これはなぜでしょうか?(参考ページはこちら→何故銀行と消費者金融が関係している?

みずほ銀行は消費者金融業の提携にあまり魅力を見なかったのです

銀行系カードローンは大型の利用限度額を低金利で用意している場合が少なからずあり、利用者にとっては非常に魅力的です。しかし、銀行は無担保・無保証人というキャッシング・ローンのノウハウを十分に持ち合わせていなかったことから、審査に通ることがなかなかに難しかったのが実際のところでした。銀行としての都合を考えれば、預金者保護の立場からそう簡単に体制を変えることもできなかった事情があります。(参考ページはこちら→金融業者毎に事情もある?

昨今、確かに消費者金融業者と銀行の提携は時代の流れなのか、消費者金融業者と提携することでカードローンを発売している銀行が増えてきたようです。この流れは地方銀行にまで及び、消費者金融業者が保証会社として業務受託することで銀行系カードローンの審査の難しさが低く抑えられることになってきました。この流れは利用者としては歓迎すべきことにちがいありません。(参考ページはこちら→融資の審査基準は全体的に緩くなった?

消費者金融業者と銀行が提携して利用者が得たものはこのような審査基準の低下によるところが非常に大きいのです。もともとあった銀行系カードローンのメリット、例えば総量規制の枠外であることなど、を比較的簡単に入手できるのであり、貸金業法改正以後、キャッシングに苦労してきた人たちにとっては朗報になったのです。それ以外の人たちにとっても当然、有利なカードローンを入手する機会を増やしてもらえたことになります。

それに対して消費者金融業者との提携によって銀行が得たものになると極めて相対的です。それは銀行にとっては確かに新しい業界への展開の機会を得たということも可能なのですが、それは確定的な利益ではなくあくまでも新たな事業投資の道を得たということだからです。ですからこの事業投資に対する評価は確定的ではなく、銀行それぞれに微妙な差が見られることなのです。

銀行が消費者金融業者と提携する場合であれば、銀行が既存の消費者金融業者に保証会社を業務委託するという方法がもっとも多いように見受けられます。確かにこの方法であれば銀行の投資は最小限に抑えられるということになります。また保証会社による審査によってカードローンを提供することになりますので、新たなノウハウの獲得は不要になり人的資源も新たな負荷にはならないでしょう。

それ以外にも銀行内部に消費者金融業者を確保するという方法をとる銀行もあります。この場合、銀行は既存の消費者金融業者を吸収する方法とあるいは独自に消費者金融業者を設立する方法から選択することになります。既存の消費者金融業者と合体してしまう方法でしょう。この方法では多少投資リスクが必要ですが銀行としては経営の安定を優先することができることになります。

これらの投資リスクが伴う方法で、消費者金融業界への参入を図ることになるでしょう。投資リスクはどの方法でもありますので、どの程度の期待利益の評価をするかによって銀行の態度が変化します。みずほ銀行の場合は外部の消費者金融業者に保証会社を委託することで提携をしているようです。つまり消費者金融業者との密接な提携に高い評価をしなかった銀行だということになりそうです。

それでもみずほ銀行が提供しているカードローンのスペックにはすばらしいものがあるといえるでしょう。消費者金融業者との提携以外の方法によって独自にサービスを提供しているみずほ銀行の良さがこのカードローンには反映されているといえないでしょうか。

消費者金融よりもみずほ銀行でお金を借りよう

お金を借りるときに消費者金融は非常に人気が高いです。大手の会社は特に知名度が高いことから選ばれることが多いものです。しかし、金利など融資内容を見ていくとお得にお金を借りれるのは銀行です。審査が厳しいと思われることが多いですが、実際はそんなことはなく貸金業者よりも銀行のほうが審査に通りやすいものです。数ある銀行の中でもみずほ銀行はかなりおすすめな銀行です。簡単に審査に合格できますし、即日融資もあり、低金利でお金を借りれるといううれしい内容が詰まっています。

最初に消費者金融からお金を借りるメリットを紹介しておきますと、それはやはり審査の甘さが一番のメリットです。どういう意味で審査が甘いのかと言うと、審査においては信用情報が非常に重要であり、信用を得ることができなければ銀行ではお金を借りることができません。こうした状況の時に中小の貸金業者から申し込み先を探せばかなり甘い審査をしてもらうことができるので、信用が落ちている状況でもお金を借りることができます。大手の会社は銀行と同じように信用などに厳しいので、中小の会社を選んで申し込むほうが合格しやすいです。

他にも無利息を活用できる会社や即日融資を受けることができる会社、またはレディースローンなど特有の商品があったりと、消費者金融にはメリットがいくつかあります。無利息は一定の間だけ利息がかからないというかなりお得な融資です。銀行でも見つけることができるサービスですが、貸金業者ではこの無利息サービスを行っている会社が多いので、簡単に見つけやすいです。

無利息は会社が決めている期間だけ利息がかからないので、本当にお得にお金を借りることができます。ほとんどの会社では数日から数週間ほど無利息を実施しているので、どのくらいの期間無利息が適用されるのかを見ながら好ましい会社を探してみると良いです。この無利息はすぐにお金を返済できるときに便利な融資です。お金を借りてから無利息期間の間に完済してしまえば、一切利息を支払うことなくお金を借りることができます。給料日前など、収入が入る直前にお金を借りたいときに活用してみると良いです。

即日融資は銀行も含めて様々な金融会社で見つけることができ、今では珍しいサービスでもありません。貸金業者で即日融資を受ける場合は無人契約機から当日にカードを受け取れるなど、ちょっとした便利さがあります。この即日融資なら今日中にお金を借りなければならない場合でも、審査に合格することができるとお金を借りることができるので、非常に便利なサービスです。

レディースローンは女性だけが申し込むことができる融資です。一般的に貸金業者のイメージとはあまり良いものではありません。闇金の存在だったり、過払い金だったりと、少なからず問題点が色々とあるので、そうしたイメージによって女性はお金を借りにくいと言われています。そこで、女性が安心してお金を借りれるようにレディースローンという商品があります。レディースローンは対応してくれるスタッフがすべて女性なので、安心して融資の相談をしやすいというメリットがあります。

このように色々なメリットがあり、様々なサービスがあります。しかし、それでもみずほ銀行がやはり有利です。まず、みずほと貸金業者全般において金利の比較を紹介しますと、これは圧倒的にみずほの勝利です。貸金業者では大手の会社から中小会社まで金利を比較してみても、上限金利は18%が多いですが、みずほは14.0%です。4.0%の金利差があります。この上限金利は100万以下の小口融資において適用されることが多い利率です。つまり、金融会社から10万や50万など、ちょっとした金額を借りたいときに貸金業者だと利率が18%になることが多い中、みずほでは14.0%でお金を借りることができるので、非常に利息がお得になるというわけです。

利息がお得になるなら審査は厳しいのではと思いがちですが、審査においても貸金業者よりもみずほが有利です。銀行は収入証明不要で融資の申し込みができる会社がちらほらとあります。通常、貸金業者へ申し込む場合は必ず収入証明が必要となりますが、銀行では会社によっては一定の限度額なら収入証明が不要です。みずほの場合も限度額200万までなら収入証明不要となっています。

収入証明が不要だと基本的に審査で年収が不問になるので簡単に合格してお金を借りることができます。審査で申込者の年収を考慮するにしても、必要書類として収入証明を提出していないので、銀行はしっかりと正確に申込者の年収を判断することができません。信用情報などに問題がないなら、どれだけ審査が甘いと言われる貸金業者よりも、みずほのほうが審査に合格しやすいです。

みずほの収入証明不要のカードローンはかなり優秀です。審査で年収を問われないことから、アルバイトやパートなど収入が低い人でも簡単にお金を借りれます。原則として限度額200万までなら収入証明不要なので、うまくいくと簡単に大きなお金を借りれます。申し込みをして200万の限度額が認められなくても、100万や50万を年収不問から借りることは簡単な銀行です。

このようにしてみずほで簡単にお金を借りても金利は14.0%です。もし限度額100万持つことができると、利率は12.0%まで下がります。同じ限度額を貸金業者で金利比較すると、断然みずほのほうが利息がお得になることが分かります。審査に通りやすい上に金利が低いので、これを知ってからあえて貸金業者へ融資を求める理由は特にありません。

みずほは即日融資もしています。貸金業者で即日融資を受けるのと同じように今日申し込みをして今日お金を借りることが可能な銀行です。みずほの即日融資はインターネットからの申し込みやATMからの申し込みがあり、簡単に申し込みを完了して、即日審査を受けることが出来ます。こうして審査に合格すれば、もちろん今日お金を借りることができるので非常に便利です。また、みずほで即日融資を受ける場合は申込時に身分証明だけで申し込めるので、収入証明を準備する手間が省けることもうれしい内容です。(参考ページはこちら→即日融資を使ったお金の借り方

みずほ銀行のカードローンはお金を借りる時にインターネットバンキングから振り込み融資を受けることが出来ますし、コンビニのATMから借りることも出来ます。金融会社によってはインターネットに対応していなかったり、ATMを使えてもコンビニのATMは利用不可だったりすることがありますが、その点においてみずほは心配無用です。町中にある様々なコンビニのATMからお金を借りることが出来ますし、任意返済もコンビニのATMから可能です。インターネットから振り込み融資を受けると、銀行口座へお金を入金できます。すぐに支払いをしたい場合などに、ATMへ行かなくても簡単に銀行口座へお金を用意することができます。また、インターネットからでも任意返済することができるので、パソコンや携帯電話からインターネットバンキングにアクセスして、すぐに返済することができます。

みずほ銀行カードローンは返済においてリボ払いを利用できるので、大きなお金を借りて毎月小さな金額を返済することができます。みずほで50万借りた場合は月々1万の返済が出来ますし、100万借りると月々2万の返済が可能です。カードローンの残高に応じてリボ払いの金額を調整することができるので、自分に見合った返済計画を立てることができます。このように消費者金融には多くのメリットがありますが、それでもみずほ銀行カードローンが持つメリットは非常に魅力的です。審査に通りやすく金利が安い、この部分だけでもかなりお金を借りやすいので覚えておきましょう。どちらへ申し込むのか迷ったときは上記の内容を参考にして、みずほへ一度申し込みをしてみるとよいです。
(⇒リボ払いも使うならよりいっそう返済は計画的に?

カテゴリー
ページトップへ